トップページ/広域スポーツセンターブログ

月刊アーカイブ: 2013年 2月

第3回マネジメントセミナー終了しました。

2013年2月28日

.

今年度は、総合型地域スポーツクラブマネジメントセミナーを4回に分けて開催しています。

 

昨日は、その3回目「コミュニケーション、ロジカルシンキング、ファシリテーション」を行いました。

 

 

DSCF1517

 

参加者は、すでに総合型地域スポーツクラブを運営しているクラブマネジャーやスタッフ、準備中のクラブや総合型クラブに興味がある方、クラブ運営などを学んでいる学生など様々な方から受講していただきました。

 

 

 

 

 

まずはじめに、グループを作り、グループごとに①所属・名前、②この春のテーマ!!、③今日の研修への期待を一人ひとり話し、それが終わったらチーム名を決めるところから始まりました。

DSCF1526

私は、“この春のテーマはなんだろう・・・?”と考えながら、パシャパシャと講義風景をカメラに収めてました。

 

明日から3月になりますね。

2月は驚くほど速く過ぎてしまいました。

 

外はまだまだ冬の新潟ですが、暦の上では春なんですね。

 

みなさんの“この春のテーマ”なんですか?

 

 

 

 

さてさて、本題に戻り、

 

 

最初は「ロジカルシンキング」を学びました。

 

これは、論理的にものごとを考えるという考え方で、

例えば、仲間と問題解決を一緒に行う場合、ついつい話が脱線してしまい的外れになって、時間は使ったものの、結果的に話しがまとまらなかったという経験はありませんか?

 

それは、「これからすべきことは何か」という議論の目的を明確に設定しないために、話しの焦点がずれやすくなってしまうというワケです。

きちんと筋道をたてて話すことがポイントとのことでした。

 

 

 

とあるクラブの悩みを、時間を決めてグループで話し合い発表を行いました。

 

DSCF1532

経験則やバックグラウンドが違う人達がグループになって知恵を出すと、いろいろな考え方が集まり、自分では考え付かないような意見も出てきて、受講生は新鮮な様子でした。

 

 

 

 

次に「コミュニケーション」

 

説得力のある説明の仕方や、相手により納得してもらう話し方をここで学びました。

 

 

DSCF1541

 

例えば、結論をはじめに話し、そのあとに理由や経緯などを説明する話し方にすると、飛躍的に説得力が高まり、相手に理解されやすくなるとのことでした。

 

つまり、

 

結論 + なぜならば + 理由

 

これは鉄則ですよ!

 

 

 

 

 

最後に「ファシリテーション」

相手の考え方を引き出すというやり方を学びました。

 

総合型クラブのクラブマネジャーなどは、会議を行うときに司会進行役を務める場面が多いと思います。

ここでは、いろんな人からの意見を聞き、それをどのように「さばく」のか、ヒントを教えて頂きました。

 

本番よりも、準備に命をかけることが重要とのことでした。

 

 

 

 

この3つのテーマは、本来、何十時間もかけて講義をする内容だとのことでしたが、今回、少々欲張った内容になりました。

 

きっと、受講生の皆さんは、頭をフル回転させていたことだと思います。

 

 

講師の湊先生が言っていましたが、この3つのテーマは練習が必要!

この講義を聞いたからと言って、すぐにできるものではないけれども、練習を積み重ねることで、結果に現れると教えて頂きました。

 

ぜひこの講義を機会に、自分のものにして活用してほしいと思いました。

 

 

広域スポーツセンターHP担当:宮下

 

月刊アーカイブ: 2013年 2月

『 総合型クラブY-GETS 』 設立!!!

2013年2月20日

2月16日(土)、県内で43番目の総合型クラブが設立しました!!

長岡市山古志地区の『総合型クラブY-GETS』です!

Y・・・山古志、G・・・元気、E・・・エンジョイ、T・・・たくさん、S・・・スマイル

山古志地区に元気で明るく楽しい笑顔がたくさん溢れるようにとの想いが込められています。

 

山古志地区は8年前の中越地震を乗り越えて復興を遂げられました。

強い精神力、地域を愛する気持ち、一致団結する力が強い地域であるように感じます。

また、棚田やニシキゴイ、牛の角突きなど豊富な観光資源があり、東洋大学陸上部の合宿地でもある特徴ある地域です。

豪雪地帯でもあり、この日も、ものっっすごい雪で新潟市に住む私としてはかなりびっくりしました!写真はありませーん!

 

今回のクラブ設立は山古志支所や長岡市スポーツ協会、地域スポーツ団体やスポーツ推進委員、商工会や小中学校関係

などの方々が集まり地域を良くしたいという想いで設立されました!

 

総合型クラブの活動が健康づくりや生涯楽しめるからだを動かす機会の提供、子どもたちの体力の向上、

人と人がつながる地域コミュニティの活性化などにつながることを期待しています★☆

 

月刊アーカイブ: 2013年 2月

思いは同じ!

2013年2月18日

 

なんだか、熱いタイトルになりましたが、そう確信した場面がありました。

 

 

 

それは、先週15日(金)に、新潟県県民生活・環境部 県民スポーツ課が主催した

 

「スポーツを通じた地域の課題解決研修会」での出来事です。

 

ブログ①

 

今まで総合型地域スポーツクラブについて、市町村スポーツ担当行政職員を対象にした研修会を開催していました。

 

 

 

しかし、活動している総合型地域スポーツクラブを見てみると、高齢者を対象とした介護予防事業や、未就学児を対象とした教室、ほかにも料理教室や英会話教室など文化活動など、スポーツに特定せず、それぞれの地域の特色を生かした様々な事業を行っています。

 

 

ということは、スポーツ担当の行政職員だけではなくて、もっと範囲を広げて高齢福祉、市民活動、子育支援などの担当課にも参加案内してもよいのでは・・・。ということになり、今回初めて、広く案内をしたとのことでした。

 

 

 

フタを開けてみると、年度末の忙しい時期にも関わらず、県内各地から総勢約80名が集まりました。

 

 

 

日程は、こんなかんじです。

ブログ②

 

昨年の県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会研修会を行った時に来ていただいた、和歌山県海南市教育委員会生涯学習課課長の中阪さんにお忙しい中お越しいただき、「「新しい公共」の担い手を育てる行政の役割」と「「新しい公共」の担い手として期待される総合型地域スポーツクラブ」と題して講演を行っていただきました。

 

 

 

その後は、県内で活動しているクラブマネジャーの発表と、グループディスカッションを行いました。

 

 

グループディスカッションでは、8つのグループに分かれて総合型地域スポーツクラブとの「協働」による解決策や理想とする将来像について、話し合いが行われ、最後に発表を行いました。

 

 

発表を聞いていると、「地域をもっと元気にしたい」「高齢者も障がい者も誰もが楽しく生活できる環境を整えたい」など、専門は違えど、思っていることは皆同じなのだと実感しました。

 

 

私には、何が出来るのだろう。

 

考えさせられた一日でした。

 

 

広域スポーツセンターHP担当:宮下

月刊アーカイブ: 2013年 2月

第3回総合型クラブマネジメントセミナー参加者募集しています!

2013年2月07日

昨日の夜、雪が降ったようで、朝起きて外を見てみると、一面真っ白になっていました。

気温が下がっているので、雪の上を歩いてみると、パリパリと気持ちの良い音が鳴りましたよ。

 

 

 

ニュースでは、北陸で春一番が吹いたとか。

春一番とは、立春から春分の間に、その年で初めて吹く南寄りの強い風のことで、昨日は金沢市で最大風速23.9メートルを観測したとのことでした。

 

 

 

少しずつですが、春の足音が聞こえてくるようです。

 

 

 

 

さて、第3回総合型地域スポーツクラブマネジメントセミナーを、2月27日(水)に開催します。

 

このマネジメントセミナーは、全4回に分かれており、

第1回は「マーケティング、広報、プレゼンテーション」

第2回は「クラブ経営と財務会計、経営戦略」

が、クラブ運営に携わっている方を含め、沢山の方々に受講していただき、大盛況のうち終了しました。

 

 

第3回は「コミュニケーションスキル、ロジカルシンキング、ファシリテーション」をテーマに、2月27日に開催します。

 

テーマを見ると、“ちょっと難しそうだな”、“自分とは関係ないかな”などと考える方もいるかと思いますが、

実は、クラブ運営はもちろんのこと、ほかの仕事や生活をしていく中で活用できることが沢山含まれているんです!

 

 

 

例えば、自分の意見を相手に分かりやすく伝える方法や、問題解決の仕方、相手が話しやすくなるしぐさなど、日頃、無意識に行っていることだと思いますが、ちょっとの工夫や考え方次第で、良くなるんです♪

 

 

 

講師の先生は、株式会社スポーツクロス代表取締役の湊先生にお越しいただきます。

 

2月2日に東京に行った際にも、お会いしてお話をしたのですが、とても気さくな面白い先生なので、きっとこのセミナーも盛り上がるのではと楽しみにしています。

 

 

申込みは、2月20日までです。

 

申込方法などの詳細は、トップ画面の“新着情報一覧”をクリックして案内をご覧ください。

 

 

皆様からの、ご参加お待ちしています。

 

 

広域スポーツセンターHP担当:宮下

 

月刊アーカイブ: 2013年 2月

暑い日に熱い話

2013年2月06日

広域スポーツセンターの周りでは、すっかり溶けたと思っていた雪がまた降り出してきました。

 

2月に入ったかと思えば、もう2月6日。

 

立春も過ぎましたが、新潟の2月といえば、まだ冬まっただ中ですね。

 

最近は、時間が経つのが早すぎて、驚いていますが、もっと計画的に過ごさなきゃなと反省しています。

 

 

 

 

前回のブログにも書きましたが、2月2日にクラブマネジャー検定試験を受験しに東京に行ってきました。

 

この日の東京は、なんと最高気温が20℃!!

 

2月上旬で20℃とは、とても信じられませんでしたが、とにかく暑い!

 

それもそのはず・・・。

 

 

雪国から出てきた私は、セーター、マフラー、ムートンブーツ姿で、まわりの人達とは、かなり異なる姿をしていました。

そして、冷や汗と暑いから出る汗を同時に掻きながら東京の街を歩く羽目になりました・・・。

 

 

 

久しぶりに緊張しながらの検定試験を無事終え、一緒に受験した仲間と、美味しいお酒や料理を楽しみながら、試験の内容や、総合型クラブの悩みごと、もっと地域を活性化したい!といったいろんな熱い話しをすることができ、楽しい時間を過ごすことができました。

 

そして、また元気な姿で、5月18・19日(土・日)に村上市で開催される“第7回全国スポーツクラブ会議in越後むらかみ”で会うことを約束して、家路に着きました。

 

広域スポーツセンターHP担当:宮下