トップページ/広域スポーツセンターブログ

月刊アーカイブ: 2012年 7月

今週末、スポーツに目が離せない!

2012年7月26日

梅雨も明けて、夏本番となりました。

皆さんは、体動かしていますか?

今週末は、いろんなところで、スポーツに目が離せません。

その1

ブログ①

第34回全国スポーツ少年団ホッケー交流大会が、27日(金)に交流会・開会式を新潟市巻文化会館大ホールで、競技が28日(土)~30日(月)に新潟市西蒲区の城山運動公園多目的広場で開催されます!

昨日の、新潟日報でも写真入りで大きく掲載されていましたね。

交流会には、㈱吉本興業所属あなたの街に住みます芸人の「バックスクリーン」が司会進行をして、全国各地から集まったスポーツ少年団の皆さんを盛り上げる予定です。

新潟県代表として、新潟CRESTが男女で各1チーム参加します。

私も実際、新潟CRESTの練習風景を見たことがありますが、冗談抜きで・・・・・上手です。

中学生と練習試合をして、勝っちゃうぐらいです。

暑い中、一所懸命練習しているスポーツ少年団の団員をぜひ応援してください!

 

その2

ブログ②

全国高等学校総合体育大会「北信越かがやき総体」が7月28日(土)から8月20日(月)に北信越の各地で開催されます!

昨日、新潟駅南口の近くを通ったら、大きなテント“かがやきパーク”が設置していました。

そこでは、飲食物販ブースやライブステージなどのイベントが沢山計画されているようです。

駅の中にも、かがやき総体のポスターやフラッグが設置してあり、歓迎ムードに包まれていました。

広域スポーツセンターの事務局がある、ここ東北電力ビッグスワンスタジアムでは、陸上競技が開催されます。

高校生や業者の方々が、大会の準備に追われていましたよ。いろんな人が、かがやき総体を支えているんですね。

 

その3

ロンドンオリンピック!

連日テレビで取り上げられてるので、みなさんも良くご存じだとおもいます。

今日の午前1時過ぎには、早くも女子サッカーの試合がありましたね。

2-1でカナダに勝って、幸先の良いスタートをきることが出来ました。

開会式は、28日(土)午前3時30分から開催される予定です。

皆さんはどの競技に注目していますか?

ブログ③

新潟県関係者の中にも、ロンドンオリンピックに出場する選手がいます。

事務所の扉にも、このように貼って応援しています。

ぜひ、全力を出し切って、笑顔でまた新潟に帰ってきてほしいですね。

これから寝不足の毎日が続きそうですが・・・

ブログ④

夏野菜をたっぷり食べて、するスポーツ、見るスポーツ、支えるスポーツを楽しみたいと思います。

 

広域スポーツセンターHP担当:宮下

 

 

月刊アーカイブ: 2012年 7月

日体協公認クラブマネジャー養成講習会に行ってきました!

2012年7月24日

7月21日、22日と大阪市で公益財団法人日本体育協会が主催するクラブマネジャー養成講習会に受講してきました。

今回新潟県では、私1人の参加とのことで、多少心細い思いで大阪に向かいました。

このクラブマネジャー資格は、総合型地域スポーツクラブなどの地域スポーツクラブが、円滑に経営などを行うために必要なマネジメント能力を有する人材を養成する目的でつくられた資格です。

参加者は、すでに総合型クラブでクラブマネジャーをバリバリこなしている方や、総合型クラブを作っている途中のかたなど、様々でした。

年齢も今年大学を卒業したばかりの若々しい方や、会社を退職して第二の人生で総合型クラブに携わるため勉強している方など様々で、あらためて、地域社会を盛り上げよう、子供のスポーツ環境を良くしようと同じことを思って集まってきているのだなと思い、嬉しくなりました。

そんな全国各地から、大阪の暑い日差しより熱い思いをもって参加されている皆さんばかりなので、とても刺激になることばかりでした。なかなか県外の方と情報交換できる場って、少ないですからね。こんないい機会を逃してはいけないと、沢山の方とお話させていただきました。

 

講師の方々も、総合型クラブの中では名前を知らない人はいないと言うぐらいの著名な方で、参加者みなさんが、食いつくように先生の話を聞いていました。

質疑応答でも、質問が多く出ていて、クラブの悩み事相談会のようになっていました。

印象深かった言葉は、『ビジョンを持て』という言葉です。

クラブを設立するときには、ビジョンがあって、そこに向かうにはどうしたらいいのか、みんなで考えながら小さな目標を一つずつ達成して、ビジョンに近づくことが出来る。とても重要なこと。

しかし、ビジョンのないクラブもある。これでは、どこに向かっていけばいいのかわからず、意思疎通や経営が難しくなるとのこと。

・・・・これって、クラブ運営に限らず、どの場面でも当てはまりますよね。

少しこの言葉を意識しながら、生活していきたいと思いました。

 

広域スポーツセンターHP担当:宮下

月刊アーカイブ: 2012年 7月

バックスクリーンが行くホッケーPRの旅~第1弾 新潟市立越前小学校~

2012年7月11日

広域スポーツセンターが県ホッケー協会とともに実施している「地域の核となるスポーツ振興事業」では、「ホッケーのまち にしかん」を目指し、新潟市西蒲区エリアでのホッケー競技の普及等の活動に取り組んでいます。

今日は、にしかんホッケーPR大使に任命された、㈱吉本興業所属、あなたの街に住みます芸人の「バックスクリーン」が、7月27日(金)に開催される第34回全国スポーツ少年団ホッケー交流大会の開催PRを兼ねて、越前小学生にホッケー競技の楽しさを伝えることを目的とした出前事業を開催しました。

漫才

教頭先生のお話があった後に、にしかんホッケーPR大使のバックスクリーンのお二人から漫才をして盛り上げて頂きました。

なぜか、千円札にペンを貫通させるという手品を披露しています。

漫才2

バックスクリーンの星野さん(オレンジユニフォーム)のかつらが取れると、盛り上がりは最高潮に。

子供たちからのするどい突っ込みが、出ていました。

クリエ紹介

講師の新潟CREA(クリエ)の選手たちから自己紹介がありました。

選手をしながら、中学生や、スポーツ少年団で教えている人もいるんですよ。

お忙しい中、来ていただいてありがとうございます。

基本指導

新潟CREAの選手たちから、基本的なスティックの使い方を教わりました。

昨年も、県ホッケー協会が、ホッケーの出前授業していたり、スポーツ少年団でホッケーをしている子がいるので、ホッケーを知っている子は沢山いました。今回はおさらい。

選手たちが、操るスティックさばきに歓声が起こっていて、子供たちの目がキラキラ輝いていました。

試合

今回は体育館の中で、5、6年生を5チームに分けてバックスクリーンのお二人と新潟CREAの選手たちと一緒に試合をしました。

試合2

私も、一緒に試合をしたのですが、子供たちがすごく上手にホッケーをしていてビックリ☆

ドリブルが上手な子や、速いボールを止めることが出来る子がいて、とても盛り上がりました。

ちなみに、バックスクリーンのお二人は、すべての試合に参加していて、汗ビッショリ。

結果発表

最後に、試合の結果発表をして、子供たちから感想を発表してもらいました。

子供たちからは「もっとホッケーをしたい」「とても楽しかった」との嬉しい言葉が。

お礼の言葉

事業が終わった後も、子供たちがバックスクリーンにサインをもらったり、追いかけっこをしたりと、まだまだバックスクリーンと離れたくないようでした。

私自身も、ホッケーの楽しさを子供たちと一緒にホッケーをすることで再確認させていただきました。

 

広域スポーツセンターHP担当:宮下

 

 

 

月刊アーカイブ: 2012年 7月

総合型スポーツクラブわくわくたいないとアルビレッジスポーツクラブに行ってきました。

2012年7月03日

先月の終わりに、総合型スポーツクラブわくわくたいないとNPO法人総合型地域スポーツクラブアルビレッジスポーツクラブに行ってきました。

ブログ①

胎内市にある、総合型スポーツクラブわくわくたいないは、県内37番目に設立したクラブで、事務局は、胎内市中条B&G海洋センターの中にあります。

センターの周りには陸上競技場や、野球場があり、私たちが行った時には、グラウンドゴルフが行われていました。

グラウンドゴルフをしている人たちをよく見ていると、みなさんおそろいのクラブTシャツを着ていました。

今流行している“ゆるキャラ”のようなクラブのロゴが背中についていて、あまりの可愛らしさに写真を撮るのを忘れてしまいました。

気になる方は、わくわくたいないに行って見て下さい。

ブログ②

対応していただいたのは、クラブマネジャーの本間さんです。

わくわくたいないでは、誰もが参加できるように、幅広く活動しています。

例えば、子供が参加できるようなカヌー体験やキャンプ、ジュニア水泳教室、写真の後ろに置いてある一輪車、竹馬、ホッピングなどが使える、わくわく元気っ子教室などがあります。

その他には、盛んに行われているグラウンドゴルフや卓球、スポレック、バドミントン・・・。そのほかにも沢山の定期活動が行われています。

もちろん、ヨガやピラティス、真向法などの女性に大人気の教室もあるんです。

私が最近気になっている、トレッキングもありました。5月には佐渡に行ってトレッキングもしたそうですよ。

事業がとても充実していて、パンフレットを見ているだけでも、なんだかわくわくしてきました。

まさしく、クラブ名どおり「わくわくたいない」でした!

次に、聖籠町にあるNPO法人総合型地域スポーツクラブ アルビレッジスポーツクラブに行ってきました。

ブログ③

このクラブは、なんといっても施設が充実しています。

2002年のFIFAワールドカップ開催を機に行われた「サッカーを中心としたスポーツ環境整備モデル事業」助成金と新潟県、新潟市、聖籠町、㈱アルビレックス新潟からの助成金を受けて、総事業費4億8千万円で建てた、天然芝ピッチ4面、人工芝ピッチ2面、400mトラック、屋根付きフットサルピッチとクラブハウスがあります。

そして、このクラブは、サッカーJ1のアルビレックス新潟の本拠地となっています。

時々、アルビレックス新潟の練習風景や、監督の会見などがテレビに出ると思いますが、あの場所がこの場所なんです。

私たちが、行った時に選手の皆さんが、ご飯を食べて外に出てくるところで、ファンの方々が集まっていましたよ。

このクラブは、平日の昼間でもアルビレックス新潟ユースや、JAPANサッカーカレッジ、医療福祉大学などが使っており、また、週末になると大会やイベントを実施しており、使用頻度がとても高いのが特徴です。

また、トップ選手が練習している隣では、子供たちが練習している風景が、ここでは見ることができます。

そして、今年からは、グラウンドゴルフやランニング教室も開催するとのことで、種目数が増えてきていて今後も楽しみですね。

ブログ④

実際に人工芝や天然芝を触らせていただきました。

去年人工芝を張り替えたそうで、とても綺麗でした☆

天然芝は管理する人が、夏だと朝3時に来て水を撒いたりしているそうで、絨毯のようにきれいに芝がそろっていました。

全国でも、このぐらい綺麗な芝は珍しいとおっしゃってました。

こんな素晴らしい環境の中で、スポーツができるなんて羨ましいですね。

お忙しい中、対応して頂いてありがとうございました。

 

広域スポーツセンターHP担当:宮下