トップページ/広域スポーツセンターブログ

月刊アーカイブ: 2012年 6月

ますがたクラブと見附市総合型クラブに行ってきました。

2012年6月29日

最初は、三条市の大面学区に平成15年4月に設立した「学区総合型クラブ ますがたクラブ」の会長、運営委員長、事務局の方とお話させていただきました。

ブログ①

ますがたクラブは、三条市と合併前の栄町当時に、派遣社会教育主事が中心となり、県内7番目に設立したクラブです。

県内ではめずらしい、一世帯500円の会費徴収をしています。

最近、地域交流が希薄となっている中、ますがたクラブでは、もち米を今ではめずらしい手植えをして、さいの神の時に杵とうすでモチつきをして皆で食べたり、門松づくりを高齢者がこどもに教えたりと、地域の子供たちから高齢者まで一緒に楽しめるイベントを開催しています。

地域にとても密着して、住民にかかせないクラブになっているのだなぁと感じました。

美味しいお饅頭と冷たいお茶ご馳走様でした!

ブログ②

ついでに、昨年できたばかりの三条市栄体育館を見学してきました。

おじゃました時には、りんぐるとますがたクラブのコラボしたヨガ教室が開催されていました。

こんな、綺麗なところが使えるなんてうらやましいかぎりです。

ブログ③

光が差し込んでいて、すてきな場所でした。

その後は、見附市総合型地域スポーツクラブに行ってきました。

ブログ④

見附市総合型地域スポーツクラブは、平成20年3月に設立した県内で27番目のクラブです。

会長やクラブマネジャー、アシスタントマネジャー、関係者の方々とお話させていただきました。

会員数や、財源確保、指導者の問題などについて、いっしょに解決方法を考えたり、状況を聞いたりしました。

見附市総合型地域スポーツクラブでは、とても魅力のある講師陣がたくさんいます!

例えば、あのヒルクライムの専属ダンサーQooさんがヒップホップダンス教室の講師だったり、有名選手の専属トレーナが講師をしていたりと、とてもワクワクするような教室がたくさんあります。

そのほかにも、今大人気のヨガやピラティスがいろんなレベルに応じた教室を開いていて、とても充実しているなという印象を受けました。

また、カワイ体育教室や中田スイミングクラブ、アルビランニングクラブとのコラボ教室もあり、どの教室に参加しようか迷ってしまいそうです。

ブログ⑤

お忙しい中、対応していただきありがとうございました。

 

広域スポーツセンターHP担当:宮下

月刊アーカイブ: 2012年 6月

チャレンジ夢クラブ西山と刈羽村に行ってきました。

2012年6月18日

ブログ①

今週は、雨模様らしいですが、先週は梅雨の時期とは思えないほど晴天が続いてましたね。

この日も、雲一つない晴天で、海岸沿いを走りながら、柏崎市のチャレンジ夢クラブ西山へ向かいました。

チャレンジ夢クラブ西山は、西山総合体育館の中に事務所があり、海と山に囲まれた自然豊かなところにありました。

ブログ②

外にはテニスコートが4面ありました。今は利用者が少ないとのことなので、穴場スポットだと思いました。

ブログ③

事務所には、伊比クラブマネジャーと服部アシスタントマネジャーが常駐しています。

ブログ④

今回、会長、副会長も出席して頂き、チャレンジ夢クラブ西山の現状や将来像などを教えて頂きました。

このクラブでは西山地区にある2つの小学校から、放課後スクールバスが出ていて、西山総合体育館まで送迎をしてくれます。

子供たちは、放課後、クラブでサッカーやドッジボールなどを楽しんでいるようです。

また、文化活動も盛んに行われていて、バスで県内外の名所などを訪ねる「ふるさと探訪」や「美術館めぐり」、子供料理教室などの他にも、まだまだ沢山事業を行っています。

話しを聞いていて、「こんなことをしたい」「こういうアイディアはどうだろうか」など、沢山いろんな魅力ある意見が出ていました。今後の、チャレンジ夢クラブ西山がとても楽しみです。

続いて、刈羽村生涯学習センター「ラピカ」に行ってきました。

ブログ⑤

この「ラピカ」の名前の由来は、

ラ・・・ライス(お米)

ピ・・・ピーチ(桃)

カ・・・刈羽

の頭文字をとって「ラピカ」と名付けたそうです。

ブログ⑥

ここには、図書館やプール、体育館などがあり、刈羽村生涯学習振興公社が、ヨガや夏バテ予防運動、水中歩行などの運動教室や大会、習字教室や料理教室茶道、陶芸、パソコン教室などの文化教室など、幅広く実施しています。

人気教室は、子供たちの水泳教室と習字教室なんだそうです。定員を超えて抽選になる場合もあるとか。

お話を聞かせて頂いた、室星さんは、施設管理のメンテナンスがとても大変だとおっしゃってました。

お忙しい中、お話を聞かせて頂いてありがとうございました。

広域スポーツセンターHP担当:宮下

 

月刊アーカイブ: 2012年 6月

弥彦村とNPO法人クラブスポーツバイキングぶんすいに行ってきました。

2012年6月13日

ブログ①

午前中は、弥彦村に行ってきました。

行った先は、弥彦体育館です。2年前に完成したばかりの体育館で、中に入ってみると、バスケットコート1面と柔道ができるような畳が敷いてある場所と、ミーティングルームもあり、とてもピカピカ☆新しい匂いがしました。

この体育館の中に、行政の教育課体育振興係の担当者やかがやき総体の自転車競技関係者などが常駐しているとのことでした。

ちょうど、行ったときに住民福祉課主催のレクダンスをしていて、おばあちゃん達がたくさん参加していました。

体育館が村の無料循環バスの停留所になっていて、たくさんレクダンスに参加する人が降りてきているのが見えました。

ブログ②

話しを聞いていると、スポーツ離れや、昔に比べてスポーツ種目が増えていることによって、選択肢が広がり、団体競技に人数が集まらなくなってきたという現状を教えてもらいました。

スポーツを楽しむ場、みんなが集まれる場、地域を支える場、総合型クラブは、地域にあった形に変えていけるものです。

そういった地域のスポーツ環境などが良くなる一つの手段として、総合型クラブの説明をしてきました。

午後は、NPO法人クラブスポーツバイキングぶんすいにお邪魔してきました。

ブログ③

ここも、2年前に出来たばかりとのことで、とても綺麗でした!

フィットネスが出来る場所は無料で使用できるとのことで、帰り際にのぞいてみたら、沢山の方が利用してました。

その隣は、大きな柔道場があり、そこでヨガをしていると言ってました。

2階には、エアロビクスなどが出来る、鏡張りの部屋や会議室があり、とても充実した施設でした。

ブログ④

対応して頂いた本多さんは、燕市体育協会の総合型クラブ育成指導員として、燕市にあるNPO法人クラブスポーツバイキングぶんすい(旧分水町)と、去年設立した燕総合型スポーツクラブのスポろ~れ燕(旧燕市)、そして来年設立予定の吉田総合型スポーツクラブ(旧吉田町)を創設・育成支援しています。

バイキングぶんすいでは、既存の団体に「総合型クラブにぜひ入ってください!」とは言っていないそうです。だけど、団体のほうから、バイキングぶんすいに入らせてほしいとの要望があるそうです。

それは、クラブに入ると、バスが借りれたり、保険などの面倒な事務手続きをしてもらったり、たくさんのメリットがあるからだそうです。

今まで、総合型クラブができると、既存団体と対立するなどの声を聞いてましたが、バイキングぶんすいは、総合型クラブも既存団体もWIN-WINの関係なんですね。

また、中学校や高校とも連携して活動していたり、吉田地区に総合型クラブが設立したら、3つのクラブに会員が行き来できるようなシステムを作りたいなど、目からうろこのような、いろんな夢のある話が聞けました。

本多さんは、総合型クラブに携わって10年になるそうです。

毎年、ハプニングが起きるけど、それでも今の仕事が楽しいと笑顔で話していたのが、印象的でした。総合型携わってる人や、これから携わる人に本多さんの話をぜひ聞いてほしい!って思いました。

お忙しい中、ありがとうございました。

広域スポーツセンターHP担当:宮下

 

月刊アーカイブ: 2012年 6月

藤塚浜ドリームクラブと関川村に行ってきました!

2012年6月08日

昨日は、藤塚浜ドリームクラブと関川村におじゃましてきました。

午前中は、新発田市(旧紫雲寺町)の藤塚浜ドリームクラブ事務局がある、藤塚小学校に行ってきました。

ブログ①

海の近くに小学校があり、まわりにはハマナスの花がきれいに咲いてました。

ブログ②

訪問した時間が、ちょうど休み時間で、子供たちが元気よく挨拶してくれました。

運動会の写真が廊下に貼ってあって、“私にも、こんな時があったんだな”と、とても懐かしく思いました。

ブログ③

今回も、小林クラブ育成アドバイザーと亀倉職員と、お話を聞きました。

対応して頂いたのは、松田先生です。

人気の教室は、HIPHOPダンスで、小学生の女の子に大人気だそうですよ。

年会費は子供500円、大人1000円と、とても安く設定しており、ほぼ100パーセントが藤塚浜地区の会員と指導者とのことでした。

午後は、関川村に行きました。

ブログ④

関川村は、総合型クラブが設立していないのですが、スポーツ少年団活動をはじめとする、スポーツ活動が盛んに行われており、スポーツ施設も充実している印象を受けました。

6月17日(日)には、約800名が参加する関川マラソンが開催されるそうですよ。

ブログ⑤

帰りに、せきかわふれあいど~むを見てきました。

ここは、テニス、ゲートボール、クライミングなどが屋内でできる運動施設です。

村民は無料で使うことができるそうですよ。うらやましい限りです。

そして、写真の上部に太いロープのようなものが、ずーずーと囲んでいるのが分かりますか?

これは、ギネス認定世界一の「竹とワラでつくった世界一長い蛇」の胴体です・・・。

全長82.8mもあり、8月末には“大したもん蛇まつり”が開催され、この大蛇を神輿のように担ぎ、村内を練り歩くそうです。

とてもビック!なイベントですね。

ブログ⑥

大蛇のしっぽ。

顔は、遠くて残念ながら写真取れなかったので、気になる人は、ぜひ行って見てください。

意外と、愛嬌のある顔してましたよ。

広域スポーツセンターHP担当:宮下